30歳代専業主婦とアナル✕✕✕

出会い系体験談

ある出会い系サイトで知り合った女性ですが、彼女は34歳の専業主婦です。

初めて見たときは地味な感じの彼女で、まるで文学少女が人妻になったようなイメージでした。

控えめな服装に銀のメガネをかけており、知的な雰囲気を醸し出しています。

しかし、基本的には美人と言える顔立ちなので、ほっとしました。

こんなまじめそうな女性がなぜ出会い系サイトを利用しているのか、初めは疑問でした。

しかし、彼女によると、出会いのきっかけがなかったので、どうしても出会いたかったのだそうです。

最初は夜まで続けることは難しいかなと思っていましたが、どうやら彼女のご主人が出張中ということで、逆に彼女から誘いがありました。

今まで遊んだことのないタイプの彼女に興味を持ち、もちろんラブホテルに行くことにしました。

彼女はお酒が入ると乱れるタイプのようで、キスから始まり、積極的にアプローチしてきました。

感度も良く、軽いタッチでも気持ちよさそうに反応しています。

しかし、ここからが驚くべき展開でした。

たっぷりと愛し合った後、挿入の場面で彼女が一言言いました。

「お尻でしたいの。

いいかな?」私は驚き、「え?お尻に入れるってこと?」と聞き返しました。

どうやら彼女のご主人はアナルフェチであり、最初は嫌だったようですが、段々と興味を持ち始めたのだとか。

最近は夜の営みも少なかったため、欲求不満もあるそうです。

彼女は服を着ていると地味で近所の主婦のように見えますが、脱ぐと色白で感度も良く、かなり魅力的な女性です。

普段の彼女を見ていると、こんなに素敵な女性だとは思いませんでした。

しかもアナルが好きなんて、まるでAVの世界のようですが、私にとっては風俗以外で初めての経験でした。

不安もありましたが、彼女がローションを持参してくれたおかげで、スムーズに挿入が成功しました。

しかし正直なところ、普通のエッチの方が気持ちいい気がして、前に入れようとすると「ごめんなさい。

浮気の時は後ろしかしないの。」

と言われました。

心の中では、「でもあなたはご主人とも後ろでしているじゃん!」と突っ込みたくなりましたが、彼女が気持ちよければそれで良いと思いました。

アナルのセックスは間を取らずに始めたので、清潔なのか少し心配になりました。

もちろん私はゴムを着けているので、最低限の安全は確保されていますが、やはり初心者ということで少し心配です。

その後、彼女は後で私に教えてくれました。

「きちんとお尻の洗浄をしているんですよ。」

それを聞いた私は「お尻の洗浄?」と初めて聞く言葉だったので笑ってしまいました。

「お尻に入る時は痛くないの?」と私は尋ねました。

彼女は答えました。

「初めての時は指一本でも変な感じがありましたし、それ以上太いものは痛くて入らないと思いました。

でも少しずつ慣れてしまうんですよ。」

私は彼女の旦那さんがすごいなと思いましたが、同時にこのような性癖を持っている女性が結婚を考えるのはすごいなとも感心しました。

「お尻に入っていると、何か満たされている感じがたまらなくなります。

それをやってはいけないと思えば思うほど、私は濡れてしまいます。」

  1. 私はそうなのだと思いながらも、彼女の瞳がウルウルとしていて恍惚の表情がとてもセクシーで可愛らしく、少し彼女に惹かれました。

翌朝、カフェでモーニングを食べながら、数時間前までのアナル美女はまた地味な普通の奥さんに戻っていました。

このような女性は世の中には結構いるのでしょうか?あまりにも極端だったので、今でも彼女に会ってみたい女性の一人です。

ただ、普通のエッチもしてみたかったなとも思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました